給水・給湯管の調査

  • TOP
  • 給水・給湯管の調査

給水・給湯管メンテナンスのご提案

劣化の進行状況を診断調査の上、報告書にまとめ、提出致します。

給水・給湯管の劣化

青カビ
ヌメリ

長年給水管を使用すると錆やヌメリ等、また給湯管には緑青等が蓄積します。
そのまま対策をとらずに劣化が進行すると、赤水の発生や漏水事故を引き起こす事になり、給水・給湯管を交換しなくてはならなくなります。

給水・給湯管の調査

現在、ご使用の給水・給湯管を調査し、管種を調べると共に、劣化の進行度を報告書にまとめ提出します。

劣化の進行状況を診断
給水・給湯管の劣化
洗濯機蛇口内視鏡挿入

築年数の浅い段階で劣化が進行していない状況であれば、
まず給水管内の洗浄をご提案いたします。

はじめに

マンションなどの集合住宅では貯水槽(受水槽・高架水槽等)に一度水を溜めて各戸に供給する方式が主流です。
その貯水槽は年に1回以上の清掃が義務づけられていますが、貯水槽から各住戸まで水を供給している、水道管は何も保全していないのが現状です。

貯水槽

貯水槽:1回/年の清掃が義務付け

  • 水道水中の有機物
  • 菌の死骸
  • 鉄バクテリア
  • その他成分

貯水槽から各住戸へ供給される水道管内は?

配管材料について

配管材料について

その他管種

    • 耐衝撃性硬質塩化ビニル管
(洗濯蛇口立上がり等、一部VLPが使用されている場合も)
  • 一般配管用ステンレス鋼管
  • 銅管
  • ポリブデン管
  • ポリエチレン粉体ライニング鋼管

ライオンズマンション平野東
共用:塩化ビニルライニング鋼管(コア内蔵)
専有:耐衝撃性塩化ビニル管

塩化ビニルライニング鋼管
1.塩化ビニルライニング鋼管
管端コア
2.管端コア
コア内蔵継手
3.コア内蔵継手
耐衝撃性塩化ビニル管
4.耐衝撃性塩化ビニル管
  1. 管内面に塩ビコーティングを施しており、直管部は錆びないが、継手部の錆隆起が問題。
    表面:亜鉛めっき(SGP-VB)
    中間:鋼管
    内面:硬質塩化ビニル
  2. 左写真配管の継手部に樹脂製の管端コアを取り付けることで、鉄と水の接点を減らし、錆の隆起を抑える。
  3. 左写真配管の継手にコアを内蔵した継手。鉄部露出面を減らし、錆の隆起を抑える。
  4. プラスチック製の為、錆の心配がない。(関西)で多く使用されている。

配管劣化(給水管)について

給水管(VLPの場合)

ヌメリが原因となる錆進行

  1. ヌメリが配管に蓄積
  2. 水道水中の溶存酸素供給量にばらつき(鉄露出面)
  3. 電位差が発生
  4. 錆が進行

※錆進行の原因には様々な要因があります。

給水管(VLPの場合)
塩ビライニング銅管
異種金属接合部

綺麗な配管内部

異種金属接合部

築約20年

腐食が発生する管端のネジ切り部

塩化ビニールライング鋼管の腐食が発生する管端のネジ切り部

最も劣化が著しく発生する異種金属接合部(継手部や弁類周辺)では、
直管部の3~5倍のスピードで錆が進行致します。

配管劣化(給湯管)について

給湯管(銅管の場合)

緑青が原因となる孔食
緑青が原因となる孔食
給湯管の錆青
給湯管の錆青を放置しますと劣化が容易に進行

綺麗な配管内部

給湯管の錆青を放置しますと劣化が容易に進行

築約20年

給湯管の錆青を放置しますと劣化が容易に進行

給湯管の錆青を放置しますと劣化が容易に進行し、
ピンホール等の不具合が起き易くなります。

専有部給水管洗浄の効果(クエン酸+オゾン水洗浄)

専有部給水管洗浄の効果

クエン酸・電解酸性水・オゾン水を活用し、給水管に蓄積した柔らかい錆、ヌメリ、緑青等を取り除く洗浄工法です。
安全性が非常に高いうえ、配管にダメージを与えません。
また、定期的に洗浄することで、給水・給湯管を保全する効果の維持が出来ます。

他物件での洗浄例

耐衝撃性塩化ビニル管(HIVP)

耐衝撃性塩化ビニル管の洗浄前
洗浄前
耐衝撃性塩化ビニル管の洗浄後
洗浄後

塩化ビニルライニング鋼管(コア内蔵)

塩化ビニルライニング鋼管の洗浄前
洗浄前
塩化ビニルライニング鋼管の洗浄後
洗浄後
排出された赤錆汚れ
排出された赤錆汚れ

専有部給湯管洗浄の効果(クエン酸+オゾン水洗浄)

他物件での洗浄例

洗浄前
給湯管洗浄の洗浄前
洗浄後
給湯管洗浄の洗浄後
給湯管洗浄の洗浄前
給湯管洗浄の洗浄後
給湯管洗浄の洗浄前
給湯管洗浄の洗浄後
排出された緑錆・汚れ
排出された緑錆・汚れ